• ホーム
  • デイトレード?あなたの株取引のスタイルを決める

デイトレード?あなたの株取引のスタイルを決める

グラプ

投資のために株を始める時に、まず考えておきたいのが株取引のスタイルです。
1日の中で自由に使える時間帯というのは、人によって異なります。
株式市場の開場は、平日の9時から11時30分、12時30分から15時の5時間のみです。

現在は、スマートフォンでも手軽に取引可能なため、場所を問わず投資が可能となっています。
しかし、平日の昼間に働いている人の場合、日中に何度も取引を繰り返し利益を確定させるデイトレードを行うことは容易ではありません。
そのため、株の取引を行う時には向き不向きについて考えておくことが大切です。
株式市場が開場している間、自由になる時間がある人であれば、投機に近いデイトレードを問題なく行うことができます。

この方法を選ぶメリットは、相場を眺めながら取引ができるため、初心者でも大損をしにくいという特徴があること、損をしても短時間で取り返しやすいことです。
そして、株を翌日に持ち越さないため、取引可能時間外に大きな値動きがあっても、影響を受けないというメリットもあります。
これからデイトレードを始める人は、まずデイトレで稼げる銘柄について調べておくと効率よく取引することができます。

デメリットとなるのは、1日の取引回数が多くなるため、手数料が多くかかることです。
そのため、株取引初心者でこれから証券会社選びから始めるという人は、少しでも手数料が安い業者を選んでおくことがおすすめです。
かかる手数料が少なければ、安心して投機を行うことができます。

そしてもう一つデメリットとなるのが、集中力が必要という特徴があることです。
取引を行う間は、画面に集中する必要があるだけでなく、素早い判断力も必要になります。
そのため、平日の5時間限定の取引でも、想像以上に疲れることは少なくありません。
株取引でデイトレードというスタイルを選ぶ時は、向き不向きについて考えておくことがおすすめです。
日中に取引ができる時間があるかどうかも大切ですが、短時間で何度も取引を繰り返すだけの集中力があるかどうか、その生活を続けていくことができるかどうかを考えておくことも必要です。

中長期投資の良さとは?

会社員で日中の取引が難しい人の場合は、時間をかけて行う株取引スタイルが良いでしょう。
2日から1週間程度かけて行う投資法が、スイングトレードです。
デイトレードよりも、少し時間をかけて取引を行うことが特徴の投資方法で、時間が長くなる分、利益が大きくなる可能性があります。

更に、株を翌日以降に持ち越すという特徴があるため、時間外に大幅な値上がりが発生する可能性もある投資方法です。
勿論、時間外に損をする可能性もありますが、2日以上かけてゆっくりと取引を行うので、昼休みなどの空き時間だけでも投資ができるというメリットがあります。
スイングトレードよりも、更に長い期間をかけて行う投資法が、中長期投資です。
将来的な予想が必要ですが、株価が大幅に上がれば、大きな利益を期待することができます。
企業によっては、株主優待や配当金が出ることもあるので、これらを目当てに投資を始めてみるというのも良いでしょう。

中長期投資の場合は、購入をした後は株を持ち続けるだけなので、こまめに取引をしなくても良いというメリットがあります。
デメリットとなるのは、予想が難しく、企業の業績が落ち込めば大損をする可能性があることです。
そのため、実際に取引を行う時には、企業に関する情報収集をするなど、ある程度の事前準備をしておくことがおすすめです。

デイトレードの場合は、その時点の値動きのみで取引をすることができますが、時間をかけて行う株取引は今後の企業の成長などについても、しっかりと考えておく必要があります。
株でスイングトレードをするよりもデイトレードや中長期取引が本人の資質として向いていることもあります。
会社員がこれから、株を始める場合は、スイングトレードや中長期投資のメリットやデメリットを考え、最適なスタイルを選ぶことがおすすめです。

関連記事