投資信託という選択肢もある

中長期的に資産を増やそうという方にとって株式や債券に直接投資するというのも選択肢の一つです。
しかし、投資に詳しくない場合には特定の銘柄に集中して資金を投入することは大きなリスクを抱え、思わぬ損失を被る可能性も排除できません。
そのような方にお勧めの金融商品が、投資信託です。

投資信託とは、あらかじめ決められた投資戦略に従ってプロのファンドマネージャーが投資家に代わって資産運用を行ってくれる仕組みです。
その対価として一定の報酬は発生するものの、自分で投資するよりもはるかに手軽でリスクを抑えることができるものとなっています。
投資信託に組み入れられる資産には株式や債券のほか、デリバティブやリンク債と言った個人では直接購入することが難しい資産も多く含まれています。
それらに分散して投資することにより、集中投資のリスクを回避してより安全に資産形成を図ることができます。

投信にも様々な商品がありますが、なかでもお勧めなのは世界の株式、債券、REITなどの複数タイプの資産に分散して投資するパッシブファンドです。
パッシブファンドというのは特定のインデックスに連動して価格変動するように運用するものです。
報酬が低く設定されていて初心者向けの選択肢の上位として投資しておきたい商品です。
また、外国資産には為替の変動がつきものですが、なかには為替ヘッジ型といってデリバティブや先物を利用して為替の変動を抑えてより安全に運用する仕組みのものもありますので、そういったのを選んでみるのもよいでしょう。

なお、忘れてはならないのは、投信は元本保証がなされていない点です。
そのため、短期的にみると価格が上下することは避けられませんが、より中長期的にみると市場が成長さえしていればそれに投資する投信の価格も同様に推移することから、その点でも魅力的な投資対象となっています。
そのうえで、慣れてきて資金に余裕がある場合には、より積極的な運用を行うようなものを購入してみるとよいでしょう。

投資信託にはどんな種類がある?

一口に投資信託といっても、その種類は実にさまざまで複数のタイプに分かれています。
代表的な分類としては、オープンエンド型とクローズエンド型というものがあります。
オープンエンド型とは、原則としていつでも購入可能なタイプの商品で、クローズエンド型とは当初の募集期間のみ購入可能でそれ以降は売却のみできるタイプのものです。

単位型と追加型という分類もこれに似た仕組みであると考えて良いでしょう。
単位型は募集が一度限り、追加型は継続的に募集が行われるものとなっています。

また、公募と私募という分類もあり、公募は文字通り広く一般に誰でも購入可能なタイプの投資信託をいい、私募とは主に機関投資家などの一定限度数のプロ向けに募集するタイプのものです。
従って、ほとんどの個人投資家にとっては公募のオープンエンド型の投資信託を購入するケースが多いと考えて問題ありません。

また、前述のようにパッシブファンドというものもありますが、これに相対する概念の投資信託がアクティブファンドと言われるものです。
こちらは、特定のインデックスに連動して値動きするのではなく、ファンドマネージャーの裁量によってより値上がりしそうな銘柄を選定して積極的に運用することからよりリスクを取って値上がりを狙いたいという方にはおすすめです。

また、ファンドによってはブルベア型といわれる、インデックスファンドの中でも定められたインデックスの2倍から3倍の比率で価格変動するように運用するタイプのものもあります。
こちらはうまくいけば多大なリターンが得られますが、そのぶんリスクも大きいという点に注意が必要です。
このように投資信託には様々な種類がありますが、それぞれの特性を理解して投資に役立てることをおすすめします。

関連記事